Hans Potterの日々

映画と音楽、そして食べることが好きなオジサンです。徒然なるままに…

ブラタモリ 加賀百万石の城でわかる石垣の魅力

日本の石垣SP 金沢城の石垣

7月17日のブラタモリで、「日本の石垣スペシャル 〜加賀百万石の城でわかる石垣の魅力とは?〜」と題して、金沢城の石垣の魅力を紹介していました。

f:id:HansPotter:20210720162216j:plain

番組のシーン(出典:NHKブラタモリ」日本の石垣SP)

f:id:HansPotter:20210720162443j:plain

f:id:HansPotter:20210720162455j:plain

f:id:HansPotter:20210720162505j:plain

番組のシーン(出典:NHKブラタモリ」日本の石垣SP)

連日「熱中症警戒アラート」発表中の金沢市です。酷暑の中を出かけて救急車の世話になるなど御法度。

撮り溜めした写真の中から、番組に沿って金沢城の石垣を巡りたいと思います。

従って季節、撮影年度はバラバラです。悪しからず。

ブラタモリ

金沢21世紀美術館

f:id:HansPotter:20210720162635j:plain

番組のシーン(出典:NHKブラタモリ」日本の石垣SP)

番組のスタート

番組のスタートは金沢観光の定番、金沢21世紀美術館です。

f:id:HansPotter:20210720163216j:plain

金沢21世紀美術館(写真提供:金沢市

f:id:HansPotter:20210720162700j:plain

番組のシーン(出典:NHKブラタモリ」日本の石垣SP)

「カラー・アクティヴィティ・ハウス」という恒久展示作品前から広坂交差点を渡って金沢城公園方面へ向かいます。

f:id:HansPotter:20210720163104j:plain

金沢21世紀美術館「カラー・アクティヴィティ・ハウス」

21美の恒久展示作品

このほかにも、人気の「スイミング・プールレアンドロのプール)」、

f:id:HansPotter:20210720165203j:plain

金沢21世紀美術館スイミング・プールレアンドロのプール)」

「ラッピング」などの恒久展示作品があります。

f:id:HansPotter:20210720165302j:plain

金沢21世紀美術館「ラッピング」

スイミング・プールレアンドロのプール)」は館内にあり有料ですが、屋外の無料展示も多いので、お子様連れはこちらの方が・・・。

広坂交差点を渡ります

右手に兼六園を見ながら広坂交差点を渡ります。

広坂交差点(正面が金沢城。右手が兼六園

f:id:HansPotter:20210720165753j:plain

兼六園 雪吊り(©石川県観光連盟)

タモリさんたちが金沢城の石垣を眺めているのは しいのき迎賓館の横です。

f:id:HansPotter:20210720170055j:plain

番組のシーン(出典:NHKブラタモリ」日本の石垣SP)

ここら辺です

一億円のさようなら

広坂交差点を基点にすれば、金沢城公園、兼六園金沢21世紀美術館などの観光名所を効率的に回れます。

金沢を舞台にした、直木賞作家白石一文さんの小説「一億円のさようなら」にもこの交差点が登場します。

hanspotter.hatenablog.com

金沢城の石垣 

石垣登場

しいのき迎賓館の横から見える石垣。

f:id:HansPotter:20210720170625j:plain

f:id:HansPotter:20210720171037j:plain

番組のシーン(出典:NHKブラタモリ」日本の石垣SP)

この石垣です。

金沢城の石垣

f:id:HansPotter:20210720170732j:plain

角度を変えて

明治時代に三段になりましたが、昔は上まで続く高さ25mの石垣だったとのこと。

f:id:HansPotter:20210720170902j:plain

f:id:HansPotter:20210720170915j:plain

番組のシーン(出典:NHKブラタモリ」日本の石垣SP)

番組で、タモリさんたちが歩いて石垣を見ている場所も昔は存在しませんでした。

関係のない話ですが、この場所で彼岸花を見たことがあります。

石垣が三段にならなかったら見ることはできませんでした。

f:id:HansPotter:20210720171516j:plain

石垣に咲く彼岸花

石垣の上に広がる林

石垣の上に広がる木々の間には、その昔、一向一揆の拠点 尾山御坊の跡に建てられた五層の天守がありましたが1602年に焼失しています。

f:id:HansPotter:20210720171931j:plain

石垣の上に広がる林

今では説明板が残っているだけです。

本丸跡

埋め立てられてしまったお堀と高さ25mの石垣。そして、その上に聳える五層の天守

さぞかし見事な眺めだったことでしょう。

お堀の面影

現在では、復元されたいもり堀と、百間堀を埋め立てた道路が金沢城を囲んでいます。

f:id:HansPotter:20210720172609j:plain

f:id:HansPotter:20210720172622j:plain

復元された いもり堀

f:id:HansPotter:20210720172714j:plain

百間堀を埋め立てた道路(右側が金沢城、左側が兼六園

お堀のビフォーアフター

埋め立て前の百間堀と石川門の遠景です。

f:id:HansPotter:20210720173939j:plain

百間堀と石川門(出典:金沢市図書館 Webサイト)

埋め立て後の百間堀は道路になり電車も走っています。

f:id:HansPotter:20210720174130j:plain

百間堀埋め立て後の道路と石川門(出典:金沢市図書館 Webサイト)

現在のほぼ同じ場所の写真です。

f:id:HansPotter:20210720174309j:plain

ほぼ同じ場所から

軍都 金沢と金沢城

軍都 金沢

日本海を挟んで、清、ロシアと対峙した当時の日本。

金沢城は、明治時代に旧陸軍省管轄になり、この石垣を始め、多くのものが失われました。

金沢シャッターガール

軍都としての金沢城の歴史などについて、下のブログに書いています。

原作は金沢を舞台にした桐木憲一さんのコミックで、金沢の人間でも知らないようなことも書かれています。

原作に沿って、ブログを何回かに分けて金沢を巡りました。

興味のある方はどうぞ。

hanspotter.hatenablog.com

石垣の博物館

金沢城の石垣めぐり

タモリさんたちは、この場所から金沢城の石垣めぐりを開始します。

f:id:HansPotter:20210720182312j:plain

番組のシーン(出典:NHKブラタモリ」日本の石垣SP)

この石垣です(通常は立入禁止です)

番組でタモリさんたちが見ている階段ではありませんが、このような階段を上り下りして金沢城の石垣を巡るコースが幾つか用意されています。

実際に歩いたこともあります。

一コースだけ回りました。綺麗な石垣や苔生した石垣など、石垣フェチには堪らないと思いますが、私は正直疲れました🤣

f:id:HansPotter:20210720175234j:plain

f:id:HansPotter:20210720175245j:plain

金沢城の石垣めぐり

f:id:HansPotter:20210720181709j:plain

f:id:HansPotter:20210720181731j:plain

f:id:HansPotter:20210720181903j:plain

f:id:HansPotter:20210720181921j:plain

金沢城の石垣めぐり

石垣回廊

また、この近くには石の見本が幾つも置いてあり、石垣回廊と名付けられています。

f:id:HansPotter:20210720175609j:plain

石垣回廊

金沢城は本当に「石垣の博物館」ですね。

 

字数が増えました。まだ番組の最初の方です。次回へ続く予定………です。