Hans Potterの日々

映画と音楽、そして食べることが好きなオジサンです。徒然なるままに…

東京の大雪と雪道運転

東京の大雪で思う雪道運転

今回の東京の大雪。

自動車のスリップ、スタックや事故など大変だったようですね。


www.youtube.com

ニュースを見て、雪国のドライバーが思ったことを少し書きます。

スタッドレスタイヤ

ノーマルタイヤで雪道を

雪道で立往生したドライバーが「(ノーマルタイヤで来ました。雪を)なめていました」とインタビューで答えていました。

f:id:HansPotter:20220108123247j:plain

ノーマルタイヤで走行(ニュースの画面)

雪国で暮す人間には、雪道でのスタッドレスタイヤ(冬タイヤ)装着は基本中の基本なんですが…。

東京に住んでいる人に、例年は必要のないスタッドレスタイヤに交換しろと言うのは無理だと思いますが、雪道の運転リスクを考慮すれば、と思ったのは私だけですかね?!

どうしても外出する必要があるのなら、タクシーなどのブロに任せれば良いと思いますよ。

スタッドレスタイヤ

冬が近づくと、テレビのCMなどでスタッドレスタイヤという単語を見聞きします。そもそもスタッドレスタイヤという言葉の意味を知っている人がどれだけいるのか。

f:id:HansPotter:20220108103807j:plain

スパイクタイヤ(出典:Wikipedia Kantor.JHさんによる作品)

スパイクタイヤ - Wikipedia

スタッド(鋲)を打ち込んだスパイクタイヤアスファルトを削って発生する粉塵による健康被害が問題となり、スパイクタイヤが規制されて30年以上経ちます。(平成2年6月27日公布「スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律」)

そのスタッド(鋲)が無い冬タイヤをスタッドレスタイヤと呼びますが、何を今更ですかね。

ゼロの焦点

1961年の映画「ゼロの焦点」は金沢市がロケ地ですが、走っている車の後輪にチェーンが装着されています。このころはチェーンが基本ですね。

f:id:HansPotter:20220108104611j:plain

映画のシーン(後輪にチェーン)

f:id:HansPotter:20220108104655j:plain

映画のシーン

hanspotter.hatenablog.com

現在では、地下水を汲み上げて雪を融かす融雪装置(消雪パイプ)が普及していますので、チェーンを巻く機会も減りましたが、60年以上前の映画に映し出された金沢は、幹線道路も凄い積雪です。

ホンダ・シビックの思い出

最近では4WDやAWDと表示された四輪駆動、全輪駆動も増えていますが、昔は、町を走る車の大部分がFR(Front engine Rear drive)、後輪駆動でした。当時、全輪駆動はジープくらいだったかな…。私も幼い頃なので詳しくは分かりません。

今では一般的な前輪駆動(FF)も珍しい時代でした。

学生時代にスキーバス(夜行バスです)で五竜とおみへ向かいました。明け方、車内がザワザワしています。前方にスタックしている自動車が一台。

「おい、あのシビック後輪にチェーン巻いているぞ!」

f:id:HansPotter:20220108105320j:plain

ホンダ・シビック(出典:Wikipedia Rainmaker47さんによる作品)

ホンダ・シビック - Wikipedia

ホンダ・シビックは、初代から前輪駆動でした。後輪駆動が大部分の時代ですので、後輪にチェーンを巻いたドライバーの気持ちも少しは理解できます。

チェーン

今では北陸でも使用頻度が少なくなったチェーン。

f:id:HansPotter:20220108105543j:plain

チェーン(イラストAC)

こんな笑顔で装着したことはありません。

f:id:HansPotter:20220108105805j:plain

出典:写真AC(acworksさんによる)

手は悴むは、鼻水は垂れるは…。

f:id:HansPotter:20220108110019j:plain

出典:写真AC(acworksさんによる)

手入れと準備が悪く、チェーンが絡まって錆びていることも経験しました。

f:id:HansPotter:20220108110232j:plain

写真AC

自己責任ではありますが…。

車に積もった雪

先日のニュースで、雪を積んだまま走る車が問題になっていました。

f:id:HansPotter:20220108123354j:plain

雪が積もったまま走行する車(ニュースの画面)

雪国の金沢でさえ時々見かけることがありますが、とても危険です。

後方を走る車に雪や氷が飛んできて危ないですし、それ以上に自分が危険です。

ブレーキを踏んだ拍子に車の屋根雪がフロントガラスに落ちてきて前が見えなくなったり、ボンネットに積もった雪が噴き上がって前方が見えなくなったり…。

前方が見えなくなって急ブレーキを踏むと、スリップしたり、後方の車が追突したりの事故も。とにかく危険です。

www.youtube.com

f:id:HansPotter:20220108123450j:plain

雪がフロントガラスに(ニュースの画面)

渋谷で目立つぜ

一度、スキー場帰りのサービスエリアで、「雪が乗ったまま渋谷を走ると目立つぜ」との不心得者の会話を聞いたことがあります。

出発前に必ず雪を落としましょう。

f:id:HansPotter:20220108113055j:plain

写真AC

ただし、道路でやらないでください。道路の雪かきには迷惑ですし。法律に抵触する可能性も。

www.alsok.co.jp

ワイパー

駐車中の車のワイパーが立っているのを見たことがありませんか。

f:id:HansPotter:20220108113427j:plain

写真AC

低温でワイパーブレードが凍ってフロントガラスに貼り付いたり、北陸の湿った重い雪でワイパーが折れたりしないようにしています。

北海道で、冬用の太いワイパーブレードを見たことがあります。

サイドブレーキ

寒冷地でサイドブレーキを使うと凍り付いてしまうことがあります。私もスキー場で一度経験しました。

ウオッシャー液

ケチって濃度の薄いウオッシャー液を使っていると、低温時(特に朝)、一瞬でフロントガラスが真っ白に凍り付きます。

靴底の雪

それと、履いているブーツなどの靴底に雪が付いたまま運転すると、ブレーキやアクセルを踏んだときに足が滑って思わぬ事態に。

靴底の雪は落としてから運転しましょう。

f:id:HansPotter:20220108113838j:plain

写真AC

スコップや毛布(スタック時の脱出用にも使えます)など車に積んでおくべきものは沢山ありますが、雪道の運転に自信がない場合は、運転自体をしないことをお勧めします。