Hans Potterの日々

映画と音楽、そして食べることが好きなオジサンです。徒然なるままに…

金沢シャッターガールで巡る金沢 Part2

金沢シャッターガールのPart 2です

金沢が舞台の「金沢シャッターガール」。

桐木憲一さんの原作で金沢巡りをしていますが、今回はPart 2です。

金沢を舞台にした桐木憲一さんの原作には、金沢の人間でも知らないようなことも書かれています。

勿論、定番の観光スポットも紹介されていますので、コミックですが金沢の観光ガイドブックとしての利用も可能…かな。

f:id:HansPotter:20191108095213j:plain

桐木憲一さんの原作より

原作と映画ではストーリーも、登場する場所も違います。それを前提にご覧ください。

Part 1は下記へどうぞ。 

hanspotter.hatenablog.com

第3話 室生犀星記念館

ふるさとは遠きにありて思ふもの

ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの
(出典:室生犀星 抒情小曲集 小景異情その二より抜粋)

室生犀星の有名な詩です。今年の2月、ブログでこの詩を取り上げました。 

hanspotter.hatenablog.com
学者先生の中には、この詩は望郷の詩ではないとおっしゃる方がいます。
ブログの中で、”小難しく考えず「望郷の詩である」と萩原朔太郎のように素直に解釈するのが一番しっくりする” と書きました。

桐木憲一さんの原作でユーリが言っている「サウダージ」です。

f:id:HansPotter:20191107204813j:plain

f:id:HansPotter:20191107204454j:plain

犀星の愛した犀川桐木憲一さんの原作

f:id:HansPotter:20191107204639j:plain

桐木憲一さんの原作より

f:id:HansPotter:20191107204712j:plain

室生犀星文学碑

誰かをさがすために

主人公の夏目花奈が、室生犀星の最後の詩集の一編「誰かをさがすために」が好きだと言っていますが、「誰かをさがすために」をここに持ってくる桐木憲一さん。凄いと思います。

けふもあなたは
何をさがしにとぼとぼと歩いてゐるのです、
まだ逢つたこともない人なんですが
その人にもしかしたら
けふ逢へるかと尋ねて歩いてゐるのです、
逢つたこともない人を
どうしてあなたは尋ね出せるのです、
顔だつて見たことのない他人でせう、
それがどうして見つかるとお思ひなんです、
いや まだ逢つたことがないから
その人を是非尋ね出したいのです、”
(出典:室生犀星 「誰かをさがすために」抜粋)

室生犀星の言葉の選び方、使い方。改めて味わってみたいと思わせる詩です。

Love Child

室生犀星は “Love Child”、私生児です。生まれてすぐに養子に出されています。

原作のユーリも母を捜しています。「誰かをさがすために」。この詩がとても効いていると思います。

f:id:HansPotter:20191107205529j:plain

f:id:HansPotter:20191107205602j:plain

桐木憲一さんの原作より(雨宝院と室生犀星記念館

f:id:HansPotter:20191107205348j:plain

雨宝院

f:id:HansPotter:20191107205728j:plain

f:id:HansPotter:20191107205740j:plain

室生犀星記念館

f:id:HansPotter:20191107205830j:plain

f:id:HansPotter:20191107205844j:plain

桐木憲一さんの原作より

f:id:HansPotter:20191107205919j:plain

f:id:HansPotter:20191107205930j:plain

実写

f:id:HansPotter:20191107211719j:plain

桐木憲一さんの原作より

f:id:HansPotter:20191107211805j:plain

f:id:HansPotter:20191107211815j:plain

室生犀星墓所

昨日いらしつて下さい

「誰かをさがすために」が収められている詩集の「昨日いらしつて下さい」も好きです。

とてもお洒落な、現代にも通ずる言葉の使い方、表現です。室生犀星は言葉の魔術師だと思わせる詩です。

きのふ いらしつてください。
きのふの今ごろいらしつてください。
そして昨日(きのふ)の顔にお逢ひください。
わたくしは何時(いつ)も昨日の中にゐますから。
(出典:室生犀星「 昨日いらしつて下さい」抜粋)

この「昨日いらしつて下さい」という題名と、ユーミン松任谷由実さん)のアルバム名「昨晩お会いしましょう」が頭の中でループしました。
アルバムの曲「ビュッフェにて」に登場する城下町は金沢だそうですが、金沢好きを公言し、石川県観光ブランドプロデューサーでもあるユーミンと、金沢の作家 室生犀星。どこかに縁があるのかも、と無理矢理の解釈です。
ユーミン松任谷由実さん)と金沢については、下記ブログでも少し…。 

hanspotter.hatenablog.com

第4話 ハニベ岩窟院

第4話は金沢から離れ、石川県小松市の話になります。

安宅関

勧進帳で有名な安宅関です。

f:id:HansPotter:20191107212103j:plain

桐木憲一さんの原作より

山伏に変装した源義経武蔵坊弁慶、そして関守の富樫の話をご存知の方も多いと思います。
三体の銅像から少し離れた場所が安宅関跡です。

f:id:HansPotter:20191107212153j:plain

f:id:HansPotter:20191107212205j:plain

安宅関

浄瑠璃、歌舞伎などへ続く能の安宅。
金沢は謡が盛んです(でした)。謡を嗜んでいた父の謡本にも安宅があります。

f:id:HansPotter:20191107212410j:plain

f:id:HansPotter:20191107212420j:plain

安宅の謡本

謡(能楽)については吉祥天女のブログでも少し触れました。 

hanspotter.hatenablog.com

ハニベ岩窟院

ハニベ岩窟院については、私がTwitterでフォローしている方(LLSS@natsunimukauさん)の呟きがありました。

撮り溜めした写真の中には1枚もありませんでしたので、40数年ぶりにハニベ岩窟院へ行ってきました。
長閑な山あいの巨大な仏像に驚く方も多いと思います。

f:id:HansPotter:20191107212840j:plain

桐木憲一さんの原作より

f:id:HansPotter:20191107212800j:plain

ハニベ岩窟院

f:id:HansPotter:20191107212919j:plain

桐木憲一さんの原作より

f:id:HansPotter:20191107212939j:plain

f:id:HansPotter:20191107212955j:plain

ハニベ岩窟院

f:id:HansPotter:20191107213059j:plain

桐木憲一さんの原作より

f:id:HansPotter:20191107213126j:plain

ハニベ岩窟院

f:id:HansPotter:20191107213219j:plain

f:id:HansPotter:20191107213235j:plain

ハニベ岩窟院

1951年(昭和26年)、石切り場の跡に平和を願って開洞されたとあります。

f:id:HansPotter:20191107213320j:plain

f:id:HansPotter:20191107213333j:plain

山道です

洞窟と山道で靴が…。

こんな地図を貰えますので、ご自分の脚と相談して見学してください。

f:id:HansPotter:20191107213424j:plain

地図(注意書き)

松葉屋

小松に行くと必ず松葉屋に寄ります。キャビンアテンダントがスチュワーデスと呼ばれていた時代に、「小松空港で買えるお土産」として、彼女たちの口コミで人気が出た「月よみ山路」を買います。

スッチーの口コミのお蔭で、今では全国の有名デパートで購入できますが…。 

hanspotter.hatenablog.com

Column 3 金沢3文豪

f:id:HansPotter:20191107213945j:plain

桐木憲一さんの原作より

金沢では、金沢出身の3人の作家(室生犀星泉鏡花徳田秋聲)を三文豪と呼んでいます。兼六園近くの白鳥路には三文豪像もあります。

f:id:HansPotter:20191107214040j:plain

三文豪の像

金沢市内には、記念館や碑もありますので、文学好きの方は散策するのも良いかと…。

室生犀星

f:id:HansPotter:20191107214157j:plain

f:id:HansPotter:20191107214216j:plain

室生犀星

泉鏡花

f:id:HansPotter:20191107214310j:plain

f:id:HansPotter:20191107214327j:plain

泉鏡花記念館

 

f:id:HansPotter:20191107214422j:plain

f:id:HansPotter:20191107214437j:plain

泉鏡花

徳田秋声

f:id:HansPotter:20191107214526j:plain

f:id:HansPotter:20191107214541j:plain

徳田秋声

第5話 卯辰山子来坂

金沢は寺町台地、卯辰山、そして犀川浅野川に挟まれた小立野台地の先端に金沢城があります。城の立地としては良いのですが、そのため金沢九十九坂とも言われるほど坂が多い町です。

子来坂

f:id:HansPotter:20191107214827j:plain

桐木憲一さんの原作より

f:id:HansPotter:20191107214906j:plain

f:id:HansPotter:20191107214921j:plain

f:id:HansPotter:20191107214935j:plain

子来坂

子来町緑地で、主人公の夏目花奈が「ここからの金沢の展望が好きなんです」と言っていますが、ここからだと東金沢方面の展望になります。

f:id:HansPotter:20191107215026j:plain

桐木憲一さんの原作より

f:id:HansPotter:20191107215051j:plain

子来町緑地からの眺め

個人的には、料理旅館 山乃尾、または宝泉寺から浅野川方面を眺めるのが好きです。夏目花奈ちゃん、ごめんなさい。

f:id:HansPotter:20191107215313j:plain

山乃尾からの眺め

f:id:HansPotter:20191107215353j:plain

宝泉寺からの眺め

七稲地藏 

f:id:HansPotter:20191107220026j:plain

桐木憲一さんの原作より

七稲地藏は、2010年に映画化された「武士の家計簿」にも登場します。

f:id:HansPotter:20191107220104j:plain
f:id:HansPotter:20191107220117j:plain
映画「武士の家計簿」のシーン

安政5年(1858年) の飢饉。飢えた人々が卯辰山に登り、「ひもじいわいやぁ~ 米くれまいやぁ~」と金沢城に向かって叫びました。首謀者5人は百坂の刑場で「刎首の上、梟首(さらし首)」になり、獄死した2人を加えた七人が七稲地藏として祀られ、現在は寿経寺に安置されています。

f:id:HansPotter:20191107220258j:plain

f:id:HansPotter:20191107220317j:plain

寿経寺の七稲地藏

五木寛之さんの随筆にも七稲地藏が登場しますが、別の視点、“権威に屈しない金沢人、北陸人の反骨精神の象徴” としての登場です。

Column 4 金沢3坂

f:id:HansPotter:20191107220738j:plain

桐木憲一さんの原作より

美術の小径

f:id:HansPotter:20191107220955j:plain

f:id:HansPotter:20191107220940j:plain

美術の小径

美術の小径は加賀藩の筆頭家老 本多家に関係します。
江戸時代に、加賀藩には加賀八家と呼ばれる知行1万石以上の大名クラスの家老が8人いました。
筆頭家老の本多家の禄高は5万石です。忠臣蔵で有名な浅野家の石高も5万石です。

本多家についても下記ブログで少し触れています。

hanspotter.hatenablog.com

藩主前田家を合わせて「加賀には9人の大名がいた」と言われるほどの禄高の家老たちです。

筆頭家老の本多家の5万石を現在の貨幣価値に直すと、約25億円(1石=1両=約5万円で換算)との試算があります。年収25億円。大名ではなく家老の年収です。加賀八家の他の家老も1万石以上ですから年収5億円以上です。

加賀藩 家老の禄高の大きさが分かると思います。
そんな家老の筆頭ですから屋敷も広大です。現在の「本多の森公園」(石川県立美術館や石川県立歴史博物館などの場所)辺りは加賀藩 本多家の上屋敷があった場所ですし、本多町との名が付いている場所を含め、崖下の「本多公園」辺りは本多家の中屋敷下屋敷があった広大な場所です。

f:id:HansPotter:20191108101800j:plain

本多家屋敷跡の説明板

下屋敷に住んでいた本多家の家臣は、この「美術の小径」辺りの坂道を使って、毎日、上屋敷に出仕していたとのこと。
実際に坂を上ると、水に癒されますが、年寄りには疲れます。
現代人とは違い足腰はしっかりしていたでしょうが、毎日がこうだと大変だったろうな…。宮仕えはいつの世でも同じですね。

暗がり坂

f:id:HansPotter:20191107222448j:plain

f:id:HansPotter:20191107222510j:plain

暗がり坂

暗がり坂は、主計町に通じています。

旦那衆が人目を忍んで花街「主計町茶屋街」や「ひがし茶屋街」へ通った暗がり坂です。

坂道の下には検番があります。運が良ければお座敷太鼓や三味の音が聞こえることもあります。

f:id:HansPotter:20191107222551j:plain

主計町検番

W坂

f:id:HansPotter:20191107222800j:plain

f:id:HansPotter:20191107222857j:plain

W坂(石伐坂)

全国に点在する飴買い地蔵の言い伝えもある坂です。寺町台の西方寺には飴買い地蔵が祀られています。

f:id:HansPotter:20191107223025j:plain

f:id:HansPotter:20191107223041j:plain

飴買い地蔵

W坂の途中には作家 井上靖さんの碑があります。小説「北の海」の一節で、W坂が登場します。

f:id:HansPotter:20191107223222j:plain

井上靖さんの碑

次へ続く

金沢シャッターガールPart 2、今回はここまでです。

桐木憲一さんの原作は金沢を詳細に巡っていますので、長くなりそうです。
ただ、他の内容のブログもありますので、次がPart 3とは限りません。悪しからず。