Hans Potterの日々

映画と音楽、そして食べることが好きなオジサンです。徒然なるままに…

映画で巡る金沢 男はつらいよ 柴又慕情

映画 男はつらいよ

男はつらいよ」シリーズ、好きです。

ただし、シリーズ全部を観た訳ではありません。それなのに一端の寅さんフアンを気取って、啖呵売の口上を自慢げに披露していた私です。

寅さんの思い出 その1

勤務先に柴又から通っている先輩がいました。

飲み会で寅さんの話になり、「“ちょろちょろ” 流れるお茶の水」と言った瞬間、「“ちゃらちゃら” だよ、バーカ」と言われたのを覚えています。

“ちょろちょろ” だと思っていた自称寅さんフアンは大ショック。
その後、二人で何軒か梯子して、京成電鉄葛飾柴又へ。泊めてもらいました。深酔い、かつ、夜のため気にもしませんでしたが、翌朝の感動!!帝釈天が近くでした。

f:id:HansPotter:20190709171348j:plain

柴又帝釈天(出典:Wikipedia)

柴又帝釈天 - Wikipedia

男はつらいよ 柴又慕情

柴又の先輩から借りたビデオ

そんな先輩が貸してくれたビデオが「男はつらいよ 柴又慕情」です。


男はつらいよ 柴又慕情 予告編

私が金沢出身だからと、ワザワザ持ってきてくれました。

f:id:HansPotter:20190709170505j:plain

男はつらいよ 柴又慕情(出典:Wikipedia

Tora-san's Dear Old Home - Wikipedia

映画の公開が、金沢を離れた後です。そのため、金沢でのロケを知りませんでした。先輩の気持ちが有り難かったことを憶えています。
早速持って帰って観ました。懐かしい風景に、美しい吉永小百合さん。

小百合さんの若いこと。当時のサユリストは、吉永小百合さんはトイレに行かない、と信じていました。至福の時でした。独り酒でしたが美味しかったこと。

駅での白昼夢

寅さんが待合室で眠りこけ、夢を見ていた駅は、廃線になった尾小屋鉄道の金平駅だそうです。金沢ロケではありません。石川県小松市です。まだ、訪れたことはありません。

f:id:HansPotter:20190709172742j:plain

f:id:HansPotter:20190709172801j:plain

映画のシーン

ブログがありました。駅の痕跡はないそうです。

f:id:HansPotter:20190709173942j:plain

f:id:HansPotter:20190709174009j:plain

金平駅(出典:懐想「石川の鉄道」尾小屋鉄道 その2より)

懐想石川の鉄道

Googleで見ると十字路があります。細い方の道路が線路跡のようです。 

尾小屋鉱山(銅山)と小松を結んでいた鉄道です。

私の年代では尾小屋鉱山について学んだ記憶があります。恐らく小学校の郷土の歴史か何かの時間で。

金沢ロケ

ここから漸く金沢のロケ地です。

中屋の混元丹

小百合さんたち三人が覗いている古い日本家屋は、金沢の人なら ♫中屋の混元丹(^^♪ のCMで知っている中屋彦十郎薬局です。

f:id:HansPotter:20190709175744j:plain

映画のシーン

今では古い店舗は移築され、金沢市老舗記念館として利用されています。銀行横の店舗跡地には、中屋三井ビルディングというビルが建っています。

f:id:HansPotter:20190709180347j:plain

跡地に建つビル

移築された金沢市老舗記念館には、映画に写っている丸い看板も展示されています。

映画にも登場する長町武家屋敷跡の一角にあります。興味のある方はどうぞ。

f:id:HansPotter:20190709180234j:plain

f:id:HansPotter:20190709180749j:plain

金沢市老舗記念館と大きな看板の展示

長町武家屋敷跡

長町武家屋敷のシーンで目立つのは電柱です。今では電線は地中化されていますが、この頃は電柱が堂々と。

f:id:HansPotter:20190709181122j:plain

f:id:HansPotter:20190709181149j:plain

映画のシーン(電柱が目立ちます)

f:id:HansPotter:20190709181240j:plain

f:id:HansPotter:20190709181438j:plain

現在の武家屋敷跡(電線は地下へ)

1986年の映画「恋する女たち」で、ひがし茶屋街を斉藤由貴さんが歩いているシーンでも電柱が目立っています。勿論、今では地中化されています。

hanspotter.hatenablog.com

兼六園

兼六園。内橋亭から霞ヶ池方向を眺めている吉永小百合さん。綺麗です。

何を見つめているのか…。白鳥でしょうか。

f:id:HansPotter:20190709182214j:plain

f:id:HansPotter:20190709183327j:plain

映画のシーン

f:id:HansPotter:20190709183510j:plain

f:id:HansPotter:20190709183544j:plain

内橋亭から見た霞ヶ池方向と霞ヶ池の反対側から見た内橋亭

江戸町通り

続いては兼六園の江戸町通り。


車寅次郎の生業 第9作 男はつらいよ 柴又慕情

後方に写っている店の看板。一部が共通しているので、三人が歩いている映画のシーンはこの写真辺りでしょうか。

f:id:HansPotter:20190709184057j:plain

映画のシーン

f:id:HansPotter:20190709184401j:plain

f:id:HansPotter:20190709184419j:plain

実際の江戸町通り

寅さんが啖呵売をしているのはこの辺りですね。葉っぱの陰に白い石柱が見え隠れ…。

f:id:HansPotter:20190709184735j:plain

映画のシーン

f:id:HansPotter:20190709184917j:plain

実際の場所。右側に白い石柱が見え隠れしています

寅さんの啖呵売、いつ聞いても見事ですね!!


男はつらいよ寅さん啖呵売

実際の啖呵売も迫力ありますよ。


生きる伝説、包丁売り絶品の啖呵売(たんかばい)堺・直次郎 有田陶器市編

旅館

寅さんが宿に向っている坂道は、犀川大橋横の蛤坂です。
魚屋 兼 料理屋の寺喜屋(同窓会などで何度か利用しました)の前を通って宿へ向かいます。

f:id:HansPotter:20190709185833j:plain

f:id:HansPotter:20190709185852j:plain

映画のシーン

寅さんが入って行く宿屋。白山旅館の表示があります。昔の住宅地図で確認したら載っていました。

この写真の辺りですね。 

f:id:HansPotter:20190709191924j:plain

f:id:HansPotter:20190709191939j:plain

蛤坂と白山旅館があった辺り

寅さんの思い出 その2

ビデオを観て暫くした頃に社内旅行がありました。
女性陣と写真撮影。「バタ~~」と言いましたが、笑ってくれたのは柴又の住人の先輩だけ。女性陣はキョトンでした。

寅さんの思い出 その3

富山県へ出張した時に、悪気は全くなかったのですが、「富山では “男はつらいよ” のロケがありませんでしたね」と言った途端、相手の機嫌を損ねたようです。

「“釣りバカ日誌” のロケは早かったですよ」と言われました。
富山県では “男はつらいよ” のロケ地の話と、椎名誠さんのラーメンの話題は禁句のようです。

以上、“映画で巡る金沢” の第二回目でした。